SFドラマ『滅亡の光』をYoutubeにて配信! 累計30万回再生突破!!

絶望に次ぐ絶望。誰も予想できない新作SFドラマ!

滅亡の光を見る!!

【ミニ小説】人を見る村、村を見る丘

SF小説
Pocket

Japan Sci-Fiプラネタリ イシカワ より 

見逃し配信バナー 電子書籍

人を見る村、村を見る丘

青年は、労働を途中で投げ捨てて全力である丘を駆け上がっていた。

(あのじいちゃんは言っていた・・・この丘に登れば、答えが分かるって)

夕暮れに染まったその丘の斜面は険しく、青年は荒い息遣いで登り詰めると、頂上に座っている老人の姿が視界に入った。小さな背中に大きな意思を感じさせる老人だ。

「じいちゃん、約束したよな。ここに来たら答えが分かるって。いい加減教えてくれ、おれはこの村の王様になりたいんだ、どうすればいい?強く、賢く、誰にも負けない圧倒的な力が欲しいんだ!」
「そうじゃのう・・・」
老人は少年を振り返ることなく、丘の頂上から村を見渡している。

「教えてくれ!剣か?槍か?弓矢か?なにからやればいいんだ?」

「今ここで教えられることはなにひとつない。それが答えになろう」

「意味わからんことを!ふざけるなよ、ここまで登らせておいて!じいさん、昔は王様だったって話、嘘なんじゃないのか?!」

「また来週登ってきなさい」

「もう沢山だ!もうかれこれ一年間、毎週やってるんだぞ?頭ぼけて狂っちまったんじゃないのか!?」

「そうかもなぁ。ところで、景色は変わったか?」

「は?」

「青年よ、外に答えがあると思っていないか?答えは、いつも己の内なる変化にある。お前はどうしたい?以上だ、答えがわからないならまた来なさい。わかったら、もう来なくていい」

「わからないから、いつも来るんだよ・・・」
しばらく立ちすくんでいた青年は、無言になってしまった老人をみて諦めると、今日も村へと戻っていった。既に日は落ちて暗くなっていたが、村から見える火のおかげで方向は分かった。ぼんやりと遠くで揺れる火を眺めながらふと思った。

(――景色?)

俺は丘に登ることに夢中になって、自分の足元しか見ていなかった。
そうか、本当の意味は、丘を登ることでも、あのじいちゃんに会うことでもなかったんだ。

登るたびに景色が変わっているということだったんだ。

夏のうだるような暑い日には、ふもとで氷を貸してくれるおばあちゃんがいて、
冬の凍える寒い日には、温かい毛皮を貸してくれた貧しげな少年がいた。
頂上から見下ろした景色に、
村の子供たちが楽しそうに田んぼを耕している光景もあれば、
商人たちが物騒な様子で喧嘩している光景もあったし、
暗い時間帯に火をつけ、ご飯を用意して待ってくれる両親もいた。

同じ丘を登り続けているうちに、
俺はいろいろな景色が広がっていることを知ることになったんだ。
「目で見る世界」だけじゃない、この村には優しい人や困っている人がいること、お金や時間、仲間の尊さという「心で見る世界」を知ったんだ。

さて、おれはどうしたいか?
おれはなんで王様になりたいんだろう?
おれは圧倒的な力を手に入れて何がしたいんだろう?

青年の脳裏に、これまで見てきた、関わってきた、助けねばならなかった、感謝せねばならなかった村人たちの笑顔がよぎる。

――おれは、どうなりたいんだろう?――

青年は、夢見ていた王の意味、王になるための「答え」が自分の中で変化していることに気付いた。家への帰り道、「またずる休みかい?」と声かける村人たちを見て、小さく呟いた。

じいちゃん、もう答えを探しに丘には行かないよ。
今日から毎日、目の前の人と全力で関わるから。

次にあの丘を登るとき、
それは俺が王様になってじいちゃんになった時だ。

Japan Sci-Fiプラネタリ イシカワ

☆★☆Japan Sci-Fi登録はこちらから☆★☆

見逃し配信バナー 電子書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました